70年のあゆみ
 年度  西暦 主 な で き ご と  会長 ・ 理事長
 昭和22年  1947  都の区政改革により、千代田区が発足した。
 「東京都軟式野球連盟千代田支部」として発足。
 発 起 人 石 川 数 雄
同 理事長 伊 藤  巌
 23年  1948  「千代田区軟式野球協会」に改称。
 「区営九段グラウンド」(現;北の丸公園、武道館周辺)竣工。
 初代会長 村 瀬  清
 初代理事長 渋谷 次郎
 24年  1949  体育協会発足により「千代田区軟式野球連盟」に改称。
 「区営千代田グラウンド」(現;皇居外苑大噴水塔)竣工。連盟大会を3部制にした。
2代目会長 小 林  中
2代目理事長 金子藤十郎
 25年  1950  都春2部で「サン写真新聞」が優勝。第1回都実業団大会で「大洋漁業」が優勝。 3代目会 長 伊 東  照
理事長 金子 藤十郎
 26年  1951  「連盟創立5周年記念式典」(区役所議事堂)開催。
 区長旗争奪大会創設(憲法施行記念)、「富国生命」が優勝。
会 長 伊 東   照
 3代目
理事長 棚 田  弘
 27年  1952  都春3部で「河西工業」が、都夏2部で「ハイドリック」が優勝。
 28年  1953  都準硬式大会創設により、準硬式大会を開始(運営委託~使用球はB号。現H号)。
 都夏2部で「駿台クラブ」が、都秋1部で「増岡組」が優勝。
 29年  1954  都春1部で「東京消防庁」が優勝、国体(札幌)に出場。春2部で「駿台クラブ」が優勝。
 32年  1957  「連盟創立10周年記念式典」(区役所議事堂)開催。「区営千代田グラウンド」を国へ
 返還で閉鎖。都秋3部で「誠文堂新光社」が優勝。
 33年  1958  都春1部で「東京消防庁」が優勝。「ライト工業」が千軟連に登録。
 34年  1959  「誠文堂新光社」が、高松宮賜杯(北海道)に出場、都春2部で、選抜準硬関東大会で、
 都秋2部で、いずれも優勝
夏3部で「関東クラブ」が優勝。
 皇太子ご成婚記念大会で「リッカーミシン」が優勝。
 4代目 会長 高柳 忠男
4代目理事長 渡會 為一
 36年  1961  都民大会で「誠文堂新光社」が優勝、 関東選抜大会で準優勝。
 都秋3部で「神田市場」が優勝。
 37年  1962  「連盟創立15周年記念式典」(区役所大会議室)開催。
 都秋2部で「小松製作所」が準優勝。
 38年  1963  「ライト工業」が第18回天皇賜杯(神奈川)で初優勝、都春1部でも優勝。
  同2部で、「美津濃」が優勝.。
 39年  1964  「区営九段グラウンド」国へ返還で閉鎖。「花小金井グラウンド」の使用開始。
 「ライト工業」は、第19回天皇賜杯(岡山)で準優勝、オリンピック記念都大会で準優勝、
 春1部で優勝。 同3部で「東京電気化学」が優勝、関東選抜大会に出場。 
 40年  1965  都準硬式大会の運営委託を終了した。
 都夏季大会1部で「ライト工業」が優勝、国体(岐阜)で8強。
 都春3部で「富士製鉄」が準優勝。
 41年  1966  「ライト工業」は都民大会、関東選抜都予選、関東選抜(群馬)、 都夏1部で優勝、国体
 (大分)で準優勝。 都夏2部で「富士製鉄」が優勝。 
 42年  1967  「連盟創立20周年記念式典」(区役所大会議室)開催。「連盟20年史」発刊。
 「ライト工業」は天皇賜杯(岐阜)に出場、都民大会で初優勝、都春1部で優勝。
  都秋1部で「中央電報局」が優勝、都王座決定戦でも優勝。
 43年  1968  「ライト工業」は天皇賜杯(鹿児島)に出場、都春1部で優勝。 同3部で「市ヶ谷クラブ」
 が優勝。
 46年  1971  都民大会で「ライト工業」が2回目の優勝。 都秋1部で「中央電報局」が優勝。
 47年  1972  「ライト工業」は国体(鹿児島)で初優勝。都夏1部、都王座決定戦でも優勝。 
 都春3部で「東工クラブ」が、都夏3部で「滝清ボタン」が優勝。
 48年  1973  「ライト工業」は国体(千葉)で2連覇、天皇賜杯(三重)に出場、都民大会で3回目の
 優勝。都春1部、都夏1部でも優勝。
 都選抜大会2部で「美津濃」が、都夏2部で「滝清ボタン」が優勝。
 49年  1974  「ライト工業」は国体(茨城)で3連覇、都民大会で4回目の優勝(連覇)都春1部でも
 優勝。
同3部で「市ヶ谷クラブ」が、都秋2部で「東京電信施設所」が優勝。
 「滝清ボタン」は、都王座決定戦、都夏3部でも優勝。
 50年  1975   「ライト工業」は天皇賜杯(東京)で準優勝、国体(三重)に出場、都春1部、都夏1部
 で優勝。
 51年  1976  「ライト工業」は国体(佐賀)で4回目の優勝、都夏1部でも優勝。
 都夏3部で「新日鉄」、都秋2部で「美津濃」、都選抜3部で「誠文堂新光社」が優勝。
 52年  1977  「連盟創立30周年記念式典」(産経会館)開催。
 「ライト工業」は国体(青森)で5回目の優勝、都民大会で5回目の優勝、都夏1部、
 都選抜1部でも優勝。 都春2部で「市ヶ谷クラブ」が優勝。
 53年  1978  「千代田区少年野球連盟」創立。「ライト工業」は天皇賜杯(静岡)で2回目の優勝。
 都民
大会で6回目の優勝(連覇)、都春1部、都選抜1部でも優勝。
 都夏3部で、「東京電気化学」が優勝。 都選抜2部で「美津濃」が優勝。
 54年  1979  「ライト工業」は天皇賜杯(栃木)に出場、都民大会7回目の優勝(3連覇)、都夏1部、
 都選抜1部でも優勝。 都夏2部で「太田興業」が優勝。
 東日本大会(東京)に「美津濃」が出場。
 55年  1980  「ライト工業」は天皇賜杯(秋田)で準優勝、国体(栃木)で4強、都春1部、都夏1部、
 都選抜1部、都王座決定戦でも優勝。都秋2部で「特許庁」が優勝。
 都選抜2部で、「市ヶ谷クラブ」が優勝、東日本大会(愛知)に出場。
5代目 会長 佐丸 芳治
理事長 渡 會 為 一
 56年  1981  「ライト工業」は天皇賜杯(北海道)に出場、国体(滋賀)で4強、都春1部、都夏1部
  都王座決定戦で優勝。
 57年  1982  「ライト工業」は天皇賜杯(群馬)に出場、国体(島根)にも出場、都民大会で8回目の
 優勝、都春1部、都夏1部、都選抜1部でも優勝。
 58年  1983  「ライト工業」は天皇賜杯(茨城)で延長45回を制し3回目の優勝、国体(群馬)に出場、
 都春1部、都夏1部、都選抜1部、都王座決定戦で優勝。
 東日本大会(石川)に「共立出版」が出場。
 59年  1984  「ライト工業」は天皇賜杯(福井)に出場、都夏1部で優勝。
 都選抜2部で「TDK」が優勝、東日本大会(北海道)に出場。
 60年  1985  「ライト工業」は都民大会で9回目の優勝、国体(鳥取)で4強、都夏1部で優勝。
 都春2部で「美津濃」が、都秋3部で「赤坂プリンスホテル」が、都選抜3部で「西村
 製本」が優勝。東日本大会(千葉)に出場。
 61年  1986  「ライト工業」は天皇賜杯(福島)で8強、都春1部で優勝。
 都夏2部で「赤坂プリンスホテル」が優勝。
 62年  1987  「連盟創立40周年記念式典」(赤坂プリンスホテル)開催。
 花小金井グラウンドB面の外野拡幅・フェンスネット拡張工事施行。
 「ライト工業」は天皇賜杯(広島)に出場、都夏1部・都王座決定戦で優勝。
 63年  1988   「ライト工業」は天皇賜杯(愛知)準優勝、都民大会で同率優勝10回目、国体(京都)
 に出場、都春1部、都選抜1部でも優勝
「東工クラブ」が東日本大会(埼玉)に出場。
会 長 佐 丸 芳 治
5代目 理事長 小原 脩生
平成1年  1989   「ライト工業」は国体(北海道)で4強、都民大会で11回目の優勝(連覇)、都春1部
 で優勝。都秋3部で「トッパンムーア」が優勝。
 6代目 会長 稲垣 憲三
理事長 小 原 脩 生
2年  1990  連盟大会を4部制(登録チーム140超のため)にした。「ライト工業」は天皇賜杯(和歌
 山)で8強、都春1部、都選抜1部で優勝。 都夏2部で 「市ヶ谷クラブ」が優勝。
3年  1991   「ライト工業」は天皇賜杯(北海道)で8強、都夏1部で優勝。
4年  1992   「連盟創立45周年記念式典」(赤坂プリンスホテル)開催。
  「ライト工業」は天皇賜杯(東京)で4強、都秋1部で優勝。
5年  1993  「東京・ニュ-ヨ-ク親善少年大会千代田シリーズ」(四谷外堀)主管で開催。
 「ライト工業」は天皇賜杯(富山)、東日本選抜(水戸)に出場、都春1部、 都選抜
 1部で優勝。 都夏2部で「市ヶ谷クラブ」が、都秋3部で「博報堂」が優勝。
6年  1994   「ライト工業」は天皇賜杯(宮崎)で4強。国体(愛知)に出場、同2部で「㈱ベスト」も
 同時出場した。 「ライト工業」は、都民大会で同率優勝12回目。関東選手権でも
 優勝。都夏1部で「㈱ベスト」が、都秋3部で「日立ビルシステムサービス」が優勝。
7年  1995  都秋1部で「ライト工業」が、同2部で「博報堂」が、都夏3部で「キングランズ」が優勝
8年  1996   「NTT東京電報サービスセンター」が都春2部で優勝、高松宮賜杯(宮城)に出場。
  「ライト工業」は、都選抜1部、都王座決定戦で優勝、東日本選抜(水戸に)出場。
 「出版健康保険組合」は
都選抜3部で優勝、東日本大会(石川)に出場。
 都夏2部で「キングランズ」が優勝。
9年  1997  「連盟創立50周年記念式典」(赤坂プリンスホテル)開催。
 「ライト工業」は、天皇賜杯(青森)に出場、都夏1部で優勝。
10年  1998  当連盟が、社会体育優良団体として「文部大臣賞」を受賞した。
 当連盟の王座決定戦「稲垣憲三杯争奪大会」創設。初代王者は「ライト工業」。
 「ライト工業」は、天皇賜杯(高知)に出場、都夏1部で優勝。
 「東京労働金庫」は、都秋3部で優勝。
会 長 稲 垣  憲 三
6代目理事長 松本 健治
11年  1999  都春3部で「千代田クラブ」が優勝、東日本大会(栃木)に出場。
 関東交流大会に「ライト工業」が出場。
12年  2000   「㈱ベスト」は都民大会で優勝、都春1部でも優勝関東選手権、関東選抜大会
 に出場。
13年  2001  千代田区青年団体協議会加盟チームを吸収したため、連盟大会を5部制にした。
14年  2002  「連盟創立55周年の集い」(ホテルグランドパレス)開催。
 「㈱ベスト」は都民大会で2回目の優勝。
 都国体予選Bで「タキセイ」が優勝、国体関東予選(千葉)に出場。
15年  2003  都夏2部で「大林組」が優勝、高松宮賜杯(佐賀)に出場。 都春3部で「千代田クラブ」
 が優勝、東日本大会2部(埼玉)、関東東北壮年(秋田)に出場。
7代目会長 等 々力 寛
理事長 松 本 健 治
16年  2004  「タキセイ」は都国体予選Bで優勝、国体関東予選(神奈川)に出場。
17年  2005  連盟公式ホームページ開設。
 「トヨタレンタリース東京」は、都春3部で優勝、東日本大会2部(山形)に出場。
18年  2006  「タキセイ」は、天皇賜杯(滋賀)に出場、都国体予選で優勝、国体関東予選(栃木)
 に出場、都民大会で準優勝。
 「日本医療企画」は、都夏3部で優勝、高松宮賜杯2部(神奈川)に出場。
19年  2007  高円宮妃殿下ご臨席のもと、「連盟創立60周年記念式典」(グランドパレス)を開催。
 「連盟60年史」発刊。
 「滝清㈱」は、都国体予選で準優勝。都夏3部で「青山メインランド」が準優勝。
20年  2008  「千代田区少年野球連盟」創立30周年式典(ホテルエドモンド)開催。
 「滝清㈱」は、都春1部で優勝。 同3部で「JapanBrand」準優勝。
21年   2009  千軟連に「壮年の部」創設。初代優勝は「東京海上日動火災保険㈱」。
 天皇賜杯開催地枠決定戦で「TCSホーネッツ」が勝利、代表決定。
22年  2010  天皇賜杯(東京)に、「滝清㈱」と「TCSホーネッツ」がそろって出場。
 「滝清㈱」は、都春1部で優勝、都夏1部で準優勝。
会 長 等 々 力  寛
7代目理事長 竹之谷 光男
23年   2011  東日本大震災に対し、災害支援寄金活動を実施。
 「㈱ベスト」は都民大会で準優勝、都国体予選で準優勝。「TCSホールディングス」が
 都夏1部で準優勝。「佐川急便千代田」が都夏3部で準優勝。
24年   2012  「東京海上日動火災保険㈱」は、都夏壮年で準優勝。
25年  2013  「八千代クラブ」は、都春3部で優勝。東日本2部(茨城)に出場。
 「NTTドコモ千代田」は、都秋3部で優勝。関東選抜(山梨)に出場。
26年   2014  花小金井グラウンドの人工芝改装工事竣工。「施設改装記念選抜大会」開催。優勝は
 1部「博報堂クラッチ」、2部「冨士機材」、3部「AToM STARS」、4部「ダイワボンバ-ズ」
 5部「富士見クラブ」。都民大会で「㈱ベスト」が8強。 都春3部で「日本郵船」が4強。
27年   2015  「八千代銀行野球クラブ」は、都春2部で4強、都夏2部で4強。
28年  2016  「㈱ベスト」、都民大会で準優勝。
 「八千代銀行野球クラブ」、日本スポーツマスターズ都予選で準優勝。
8代目会長 竹之谷 光男
8代目理事長 八十田 正光
29年   2017  「連盟創立70周年記念式典」(如水会館)開催。「連盟70年史」発刊。
30年   2018  千軟連は全チームを東連登録制とし、東連に合わせ、連盟大会を3部制に戻した。
31年  2019  場外への飛球防護のため、花小金井グラウンドでの「高反発バット」の使用を禁止した。
令和2年   2020  世界一円の新型コロナウイルス蔓延により、東京オリンピック(7月開幕予定)が翌年に
 延期された。 また、全軟・東連・支部の春季の大会が中止された。
9代目会長 等々力 寛
理事長 八 十 田 正 光
3年   2021  
HP-TOPへ   

 
連盟からのお知らせ