競技について

 1、 試合回数は、準決勝戦まで7回戦とし、決勝戦は原則として9回戦とする。
 2、 試合時間は、準決勝戦まで春季大会は1時間40分とし、1時間30分を経過したときは新しいイニングに入らない。
    秋季大会は1時間30分とし、1時間20分を経過したときは新しいイニングに入らない。
    決勝戦は2時間とし、1時間50分を経過したときは新しいイニングに入らない。
    いずれも、1回表裏が終わった時点で両チームに、球審から試合開始時刻を告知する。
 3、 試合時間内の延長戦は行わず、同点の場合は特別方式(無死満塁・継続打順)を春季、秋季大会とも1回行い、勝敗が
    決しない場合には最終出場者9名によるジャンケンで決する。
 4、 得点差によるコールドゲームは、全試合5回以降7点差とする。
 5、 タイムの制限…捕手を含む内野手が、一試合に投手のところに行ける回数は3度までとする。
    なお、特別方式は、1イニングに1度とする。 攻撃側のタイムの制限も同様とする。
 6、 前の試合終了20分後に、次の試合を開始するので、早めに到着すること。
 7、 試合開始時刻に出場者全員(10名以上30名以内)が揃っていること。ただし、当日9名しか選手が集まらなかった場合
    でも試合に出場することを認める。
 8、 抗議権を有する者は、監督、主将と当該プレーヤーのうち1名とする。
 9、 ストライク、ボール、アウト、セーフ、フェア、ファールボール等の判定に対する抗議は許されない。
10、 塁上の走者及び、コーチスボックスから、球種などを打者に知らせるためのサインを出すことを禁止する。
11、 攻守交代は、敏速に駆け足で行うこと。
12、 守備が終わり最後のボール保持者は、必ずマウンドにボールを置いてベンチに戻ること。
13、 内野手間の転送球については、基本的に制限しないものとする。 ただし、天候不良、日没等やむを得ない場合はこの限
    りではない。

14、 次打者席(ネクスト・バッターズサークル)では、危険防止の上から、低い姿勢で待機すること。
15、 選手がむやみにベンチの外に出ることを禁止する。
16、 ファールボールは、ベンチサイドで処理すること。
、 監督者会議で説明、決められた事項はチーム全員が守ること。
18、 登録及び試合において、不正を行ったチームは、連盟規約により処分を行う。
19、打者が頭部にヒットバイピッチ(死球)を受けたときには、球審は攻撃側監督と協議し、臨時代走の処置を行うことができる。

用具装具について

 1、 背番号は監督が「30番」、主将が「10番」とし、他の選手は、0番から99番以内とする。(00番は認められない)
 2、 ユニフォームの胸のチーム名は、日本字またはローマ字で表示し、チーム名の代わりにマークをつけることができる。
    全員統一すること。
 3、 ユニフォームの左袖には、「東京」をつけるが、支部名の「千代田」(いずれもローマ字可)の文字をつけることができる。
    なお、右袖には社章・商標・チームのマスコット等をつけることができる。
 4、 ユニフォームの背中に選手名を付ける場合には、全員が背番号の上にローマ字で、姓のみとすること。同姓がいる場合に
    は、名の頭文字を追加可。
 5、 ユニフォーム(帽子、アンダーシャツ、ストッキング)については、全員同色、同形、同意匠のものを着用していることが試合
    中確認できること。
 6、 打者・次打者・走者及びべースコーチは、S・Gマークの入った連盟公認(J,S,B,B)のヘルメットを、捕手は連盟公認(J,S,B
 
   B)のマスク・プロテクター・レガーズ・ファールカップ・捕手用ヘルメット(S・Gマークのついた)を装着しなければならない。
    ヘルメットのイヤーフラップは両耳が
望ましい。
 7、
スパイクの色は規制しない。
 8、 素振り用リング・鉄パイプは、球場に持ち込みを禁止する。
 9、
サングラスを帽子のひさしの上に置くことは禁止する。
10、 ネックウォーマーは、季節を考慮し着用することができる。
11、 試合中、ガムを噛むことを禁止する。

緊急の場合の連絡について

 1、 試合当日雨天等の場合、各チームの責任者は、直接 花小金井運動施設 (花小金井グラウンド)へ問い合わせ、 開催又
    は中止の決定を確認し、全員に連絡すること。 
【 電話は、042−461−2291 】
 2、 開催または中止の決定は、午前の試合については午前6時に、午後の試合については午前10時に決定する。
 3、 試合中止となった場合、後日連盟のHPで日程変更の情報を提供する。
    連盟から個々のチームへの変更通知はしない。
 4、
試合を棄権する場合には、試合前日までに相手チームと連盟総務(下に表示)へ電話連絡すること。
    なお、連絡を受けたチームは、
連盟総務へ必ず電話連絡すること。

 5、 試合当日の棄権は、相手チームに迷惑をかけるため絶対にしないこと。
 6、 試合中の怪我のために、各チームでスポーツ保険等に加入されることをおすすめします。

花小金井運動施設(グラウンド)の使用について

 1、駐車スペースの関係で、大会用に配布された「駐車証」のある車両以外駐車できません。入場の際には、係員に駐車証を提
   示すること。駐車証にはチーム名を記入し、車外から確認できるよう、ダッシュボードに置くこと。
 2、
ユニフォームの着替えはクラブハウス1階。
   スパイクはグラウンド内ベンチで履き替えること。グラウンド外でのスパイク使用は厳禁します。
 3、 喫煙は、クラブハウス前の灰皿の置いてある場所で行うこと。試合中は禁煙です。
 4、 空き缶、空き瓶、ごみ等は、必ず持ち帰ること。
 5、 野球用具の忘れ物が多くなっているので注意すること。
 6 、トイレは、グラウンド内のものと、クラブハウス1階を使用すること。

総務 部長 ・ 岩満   六男
080−5524−7914
理 事 長 ・ 八十田 正光
090−4063−8622


                                        
HP管理者へのメール
千代田区軟式野球連盟
支部内大会における注意事項
盟からのお知らせ